신약개발의 새로운 패러다임을 여는

비센 바이오의 혁신적인 연구는 계속됩니다.

新薬開発の新しいパラダイムを切り開くビセンバイオの革新的な研究は続きます。

ジンセノサイド


酵素工学技術を利用した特殊サポニン複合体の開発およびジンセノサイドの大量生産を研究しています。


高麗人参のサポニン成分を酵素と反応させて抗炎、抗老化、抗アトピ効果を極大化した

特殊サポニン複合体(サポニンG17、CO、Mx1、Mc1、F2高含有特異組成物)を開発しています。


特殊サポニン複合体

BGC (Beesen ginsenoside complex)

高麗人参の根を利用して大量に存在するRb1、Rb3、Rc、Rdなどのサポニン成分を分離抽出し、これを分子生物学および酵素工学を利用して生産した酵素と反応させ、自然界では存在しないのに生体代謝を通じて高麗人参の効能成分と確認された代謝物と同等のGypXVII、C-Mc1、C-Mx1、C-Mc、C-Mc、C-Mx、Rg3、C-K、Rh2などの特殊抗酸化作用を開発しています。


ジンセノサイドは高麗人参効能の主成分として古くから知られており、アメリカFDAの評価により安全性がすでに十分検証されている天然成分です。 当社は、このジンセノサイドの代謝過程のうち生成される一部のBGC(Beesenginsenosidecomplex)が、従来の抗炎症効果がよく知られているginsenosideRdより最高20倍以上強力であることが明らかになり、現在特許出願中です。  


ジンセノサイドの大量生産

Directed Evolution of Enzymes

生命体のフレームワークを除くタンパク質の大部分である酵素(enzyme)は、生体反応のCatalystとして特異的(highly-specificity)であり、その反応性(catalytic power)が高く、産業的、医学的に無限の価値を有します。 

 
酵素は、精密化学製品、衣類素材、食品、医薬品のあらゆる分野におけるwhitebiotechnologyの核心であり、現在、これを活用しようとする研究が活発に行われています。

酵素を活用するためには、生体環境に合わせて進化してきたその特徴-基質特異性、活性、構造的安定性などを実際の利用環境に合わせて新たに進化(directed evolution)させなければならず、これを「どうするか」に関することがenzymeengineeringです。

当社は構造を基にrational design、random mutagenesis、computational designなどの方法を用いて、価値のある酵素を開発しています。


In silico Enzyme Design

Screening systemの短所を克服し、希望する特性を持つ酵素を自由自在に創出し、最終的にカスタマイズ酵素(designer enzyme)の実現のための画期的な方法として、insilico上で酵素を設計できる技術を開発するための研究を行っています。


つまり、酵素の構造とエネルギー関数をもとに、コンピュータープログラムを利用して酵素の特性を変えられる部分を計算、分析、設計し、これをタンパク質工学技術を利用して有用な特性を持つ酵素をより迅速かつ容易に創出しようと試みています。


このような技術は従来存在する酵素の特性を改良するだけでなく、新しい特性を持ったカスタマイズ型Denovo酵素の創出にも利用できます。

충청남도 금산군 금성면 어필각로 343
전화 1644-0542 (평일 : 09:00~ 18:30 / 점심시간 : 11:50~13:20 / 휴무 : 토,일요일 및 법정공휴일)

사업자등록번호 314-81-96665

이메일 beesenbio@gmail.com 

Copyright ⓒ 2021 BEESEN BIO  ALL RIGHTS RESERVED

         本社[動物用薬] : チュンチョンナムド クムサングン オピルガクロ 343

         代 表 番 号 : 1644-0542  I  電話 : 041-753-6684
         経 営 本 部 : テジョングァンヨクシ ソグ キェリョンノ 314 6F   I  電話 : 070-4493-3611 

         営 業 時 間 : 09:00 ~ 18:00 , 休業日 : 土曜日、 日曜日、 祝日 

         Eメール : beesenbio@gmail.com  I  事業者登録番号 : 314-81-96665  

         Copiright ⓒ 2021 BEESEN BIO  ALL RIGHTS RESERVED

  利用規約

個人情報処理方針

メール無断収集拒否